すね毛を脱毛して美意識高い系男子になった漢の話

木曜日、我が家のポストに届いたMen's TBCからのDM

ヒゲまたは体毛の体験脱毛が500円でできるという事で、「よし、すね毛を脱毛しよう」となんとなく予約してしまった。

脱毛という新たな経験にココロオドル木曜日の夜

この時の僕はまだ知らない、スーパー脱毛のヤバみを

 

土曜日の朝、目覚めると、彼女からのブチ切れLINEがきており、少々ビビる。

だが、6/23(Saturday)、今日という日は脱毛のためにある。脱毛界のケイスケ・ホンダになるファーストステップ、何人たりとも邪魔する事は出来ない。彼女への返信をすることなく脱毛の準備を始める。

12時予約が故、午前中は入念なストレッチと筋トレで大気中の男性ホルモンを取り込み、体毛を活性化。

十分量の男性ホルモンを取り込み、準備は万端。いざ、四条に城を構えるMen's TBCへ

 

店に入るとめちゃくちゃオシャレ。サロンとか初めてきたけどめちゃくちゃオシャレ。

橋本マナミ的な美女が出てくる事を期待しながら呼び鈴を鳴らすと、ちょび髭を生やしたお兄さん登場。

「お前はひげ脱毛せんのかい!」

と心の中でツッコミながら、体験脱毛のお話を聞く。

今回はよくある光を当てるタイプの脱毛(これが良くあるタイプとかも知らなかった)ではなくスーパー脱毛といって毛根の奥のなんかを電気で焼き切って二度と毛が生えてこないようにするタイプらしい。

そんでもって脱毛してくれるすね毛は150本。人間のすね毛は約2万本。

 

ここで1つの疑問。「これなんか変化あんの??」

 

まぁいいや、500円だし

 

説明の最後の方に「毛根からいくんで、スーパー脱毛はちょっと痛いんですよねー」とちょび髭改め、無精髭のお兄さんが教えてくれた。

 

説明が終わり、いざ施術室へ

 

中に入ると、ベットの上にハーフパンツがおかれてて、お兄さんが「じゃあこのハーフパンツに履き替えてください」と。

 

知ってる!!!この風景!!Avgleでよく見るマッサージものと同じやつや!!!

 

と勝手にテンション上がりながらお着替えタイム。これで担当が無精髭改め、もじゃ髭のお兄さんやなくて橋本マナミ的な美女だったらと思いながらも、タイで鍛えたレディーボーイシンキングを駆使し、まぁ男でもいいかとテンションをさらにあげる。

 

いよいよ始まる、脱毛の時間。

もじゃ髭改め、髭にぃはピンセットで僕のすね毛をつまみ、細い電気流す針みたいなやつを毛穴にスッと入れる。

文字に起こすとこの時点でめちゃくちゃ痛そうに聞こえるが、正直ほとんど痛みはない。

スッと針を入れたあとピッという電気を流す音が部屋に響く。

 

 

「あああッァアアアアアア」

 

 

え、なに⁉︎今の痛すぎるんやが、髭にぃがなんかミスったのか?

うん、そうやろ、てかそうであってくれ。

今からこれが150回繰り返されるのは耐えれる気がせん。ただの拷問や

 

 

電気を流されたあと、超高速で思考を巡らせ、髭にぃのミスであると認識した僕。

 

再び部屋にピッという電気を流す音が響く。

 

 

 

「あああッァアアアアアア」

 

 

 

ミスじゃないんだ、、、もう無理、、、やめて、、、

 

「スーパー脱毛はちょっと痛いんですよねー、でも皆さんすぐ慣れますから」と髭にぃが励ましてくれる。

 

「あああッァアアアアアア」✖︎148

 

慣れるって嘘やん、ずっと死ぬほど痛いやん、、、、

 

150回の激痛に耐えて施術終了。脛を見ても大きな変化はなし。そりゃ150/20000やもんね。

 

そんなこんなで体験脱毛終了。

文字書くの疲れたのでここで筆をおきます。